サンダーバード|CC,BCCの自動挿入

サンダーバードでCC,BCCの入れ忘れを機械的に防止

無料 メールソフト サンダーバード

 

 

サンダーバードを仕事で使用するときなどに便利な機能があります。

 

メールを送信するときに上司や関係者をCC,BCCに入れるのを忘れてしまい苦い経験をされたことはないでしょうか?

 

メールはご承知の通り一度送信をクリックすると、後戻りできませんよね。

 

このようなミスをする人は何度注意しても暫くすると、また同じミスをしてしまう傾向があります。

 

とはいえ、どれだけ注意していても人間なのでこのようなミスは機械的に防止する以外ゼロにはならないでしょう。

 

 

ツールのアカウント設定の各アカウントの

 

「送信控えと特別なフォルダ」

 

赤枠で囲った箇所で設定可能です。

 

毎回アドレスを選択することもなくなり、大事な人へのアドレスの入れ忘れもなくなります。

 

 

例えば

 

「○○課長 example@example.jp」などを予め入力しておくことで、メール作成時に自動挿入されるという便利な機能です。

 

半角,区切りで複数人入れることも可能です。

 

 

少し余談になりますが、上司のアドレスは送信相手に上司の役職がわかるよう、役職があれば入れたほうがよいでしょう。

 

客先とのやりとりにおいては、細かいことかもしれませんが、組織のなかでの情報共有をアピールすることもできます。

 


関連ページ

サンダーバード|簡単設定で欲しい機能が満載
サンダーバードの3つの特長について実際の使い勝手を紹介しながら分かりやすく説明します。
サンダーバード|IMAPメールサーバーの活用
サンダーバードを複数の端末で共有できるIMAPメールサーバーの活用を分かりやすく説明します。
サンダーバード|アカウントとフォルダの並び替え
サンダーバードでは複数のアカウントを管理することも可能です。その際にアカウントの並び順を簡単に変更できる拡張機能を分かりやすく説明します。
サンダーバード|既存のメールを新しいメールとして編集
サンダーバードで同じような文章を送信するときにコピペを使わず簡単に編集できる方法を分かりやすく説明します。
サンダーバード|作成したメールを指定した時間に送信(後で送信)
サンダーバードでメールの送信時間を設定できる拡張機能を活用場面を例にとりながら分かりやすく説明します。