サンダーバード|IMAPメールサーバーの活用

サンダーバードのIMAPメールサーバーを活用し複数端末でメール共有

無料 メールソフト サンダーバード

 

 

IMAPとPOP3の違いを知っていますか?

 

まずは、簡単に説明すると

 

  • IMAPというのは、メールサーバー内でメールの管理を行う方式。
  •  

  • POP3というのは、メールサーバーからメールをメールソフトにダウンロードして管理する方式。

 

IMAPを使用すると何がよいのか?

 

メリットはたくさんあると思いますが、私の使用例をもとに説明したいと思います。

 

 

最大のメリットは、自宅、会社、外出先どこにいてもサンダーバードさえ設定されていればメールボックス内を同じ環境で見れる、使える。

 

本当に便利な機能です。

 

もう少し説明すると、人ごと、内容ごとにフォルダ分けをしている場合、そのフォルダ構成がどこにいても、共有できます。

 

送信フォルダも、もちろん共有できます。

 

もう一つのメリットは、ちょっと応用編になりますが、ひとつのメールアドレスを複数人で使用する場合誰が見て、誰が処理したのか、処理されていないのか等の管理が難しいと思います。

 

そのような時は、タグ付けすることで問題解決です。

 

共有のアドレスを使用するクライアントでメールを処理する全員の名前のタグを同じ条件(色を合わせる)で作成。

 

あとは、メール毎にタグ付けするだけで誰が処理したのか、処理されていないのか、一目で判断できます。

 


関連ページ

サンダーバード|簡単設定で欲しい機能が満載
サンダーバードの3つの特長について実際の使い勝手を紹介しながら分かりやすく説明します。
サンダーバード|CC,BCCの自動挿入(入れ忘れを防止)
サンダーバードの簡単なアカウント設定でできるCC,BCCの自動挿入を分かりやすく説明します。
サンダーバード|アカウントとフォルダの並び替え
サンダーバードでは複数のアカウントを管理することも可能です。その際にアカウントの並び順を簡単に変更できる拡張機能を分かりやすく説明します。
サンダーバード|既存のメールを新しいメールとして編集
サンダーバードで同じような文章を送信するときにコピペを使わず簡単に編集できる方法を分かりやすく説明します。
サンダーバード|作成したメールを指定した時間に送信(後で送信)
サンダーバードでメールの送信時間を設定できる拡張機能を活用場面を例にとりながら分かりやすく説明します。