サンダーバード|既存メールから新規メール作成

サンダーバードで同じような本文をコピペを使わず編集して送信する

無料 メールソフト サンダーバード

ルーチンワークをこなしていると、日付のみ、数量のみ等、部分的に変更したメールを送付する機会があると思います。

 

そんなとき、過去に送付したメールの同じような文章を使いコピペで作成し宛先を入れなおしたりしていませんか?

 

私もこの機能を知るまでは、雛形をコピペするパターンで作成し宛先を都度入れなおしていました。

 

この機能は、メッセージの「新しいメッセージとして編集」を使うのですが、簡単に既存のメールを新しいメールとして編集できます。

 

 

よくあるのですが、アカウント設定の署名編集で予め必要な文面を入力したメールを目にします。

 

受信すると分かるのですが、文字の色が変わってしまい見栄えもよくありません。

 

署名の文字形式と本文の文字形式は異なりますので意識されたほうがよいと思います。

 

 

これらの作業は単純作業となり、間違いを引き起こしやすい手法でもあります。

 

特に宛先を間違えてしまうと、取り返しのつかない事態に発展しかねません。

 

ちなみに送信ボタンをクリックした後に宛先の最終確認ができるような拡張機能もあります。

 

なんでもありますね。

 

「Secure Addressing」でアドオン入手で検索をしてみてください。

 

 

このように便利な機能が多くある反面でセルフチェックを怠りがちになる傾向がありますので、
ある意味「メールの怖さ」を十分に理解した上で作業をすることが重要でしょう。

 


関連ページ

サンダーバード|簡単設定で欲しい機能が満載
サンダーバードの3つの特長について実際の使い勝手を紹介しながら分かりやすく説明します。
サンダーバード|CC,BCCの自動挿入(入れ忘れを防止)
サンダーバードの簡単なアカウント設定でできるCC,BCCの自動挿入を分かりやすく説明します。
サンダーバード|IMAPメールサーバーの活用
サンダーバードを複数の端末で共有できるIMAPメールサーバーの活用を分かりやすく説明します。
サンダーバード|アカウントとフォルダの並び替え
サンダーバードでは複数のアカウントを管理することも可能です。その際にアカウントの並び順を簡単に変更できる拡張機能を分かりやすく説明します。
サンダーバード|作成したメールを指定した時間に送信(後で送信)
サンダーバードでメールの送信時間を設定できる拡張機能を活用場面を例にとりながら分かりやすく説明します。